ようこそ、「ヒカリ」の世界へ!

ヒカリ展は、「宇宙と光」「地球と光」「人と光」をキーワードに、美しい光の世界を紹介する展覧会です。
宇宙から地球に降りそそぐ光は、地球の磁気圏や大気圏を通り私たち人類が生活する地上を照らしています。
本展では、目に見える光(可視光)だけでなく、電波や赤外線、紫外線、X線なども含めた広い意味での光を扱います。太陽や星、オーロラ、光る鉱物や生物など、自然界に存在するさまざまな「光」を集め、その魅力やふしぎに迫ります。

企画趣旨はこちら

開催概要

名称 ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!
会期 2014年10月28日(火)~2015年2月22日(日)
会場 国立科学博物館(東京・上野公園)
開館時間 午前9時~午後5時
※金曜日は午後8時まで。ただし、1月2日(金)は午後5時まで。
※特別開館延長 11月1日(土)・2日(日)は午後8時まで。
※入館は各閉館時刻の30分前まで。
休館日 毎週月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)、
12月28日(日)~1月1日(木・祝)。ただし、12月22日(月)、1月5日(月)は開館。
主催
後援 文部科学省
特別協力 宇宙航空研究開発機構、国立極地研究所、国立天文台
協力 糸魚川フォッサマグナミュージアム、金沢工業大学、国立環境研究所、
情報通信研究機構、農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所、
農業生物資源研究所、日経サイエンス社
協賛 NEC、リコー
入場料 チケット情報ページへ
お問合せ ハローダイヤル 03-5777-8600